埼玉県春日部 春日部嬉泉病院 《 公式サイト 》/外来・専門外来─いびきと睡眠障害の専門外来

外来・専門外来

外来・専門外来

TOP > 外来・専門外来 > いびきと睡眠障害の専門外来
いびきと睡眠障害
担当河村 俊邦 医師
草薙 恭圭 医師

いびきと睡眠障害の専門外来を行っています。
検査、診断、対症療法、指導まで実施しています。

診療日・時間/ご予約電話番号

診療日・時間土曜日 9:10~9:30
完全予約制
ご予約電話番号お電話にてご予約ください。
TEL.048-736-0111 (代)
受付/月~土曜日 (日・祝日を除く) 9:00~16:00
※予約に関するお問い合わせも上記時間にて承ります。

このような症状がある方は

●大きないびきをかく
●日中、眠気がある
●頭痛・気怠さがある
●睡眠中に呼吸が止まる
●夜中に目覚める

このような症状がある方はご注意ください。

いびきや眠気が気になる方、
ご自分の睡眠に不安を感じる方は、
健康維持のためにもお早めにご相談ください。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)をご存知ですか

睡眠時無呼吸症候群(SAS=Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠時に何度も無呼吸状態になる病気です。熟睡ができないため、昼間の疲労感・頭痛・集中力の欠如を生じ、事故の原因となったり高い負荷がかかることで高血圧や心疾患などにつながると言われています。

SASの病態の多くは、空気の通り道(気道)が 塞がる、または狭くなることによって起こる 『閉塞型睡眠時無呼吸症候群』です。

SAS検査

当院で行うSAS検査には下記の2種類があります。
簡易検査自宅 または1泊入院
精密検査 ポリソムノグラフィー(PSG検査)1泊入院

治療方法:CPAP(シーパップ)療法

SASと診断された方には、SASの重要な対症療法である、CPAP療法(持続陽圧呼吸法)による治療を行います。

毎晩の睡眠時に鼻に装着するマスクを介して装置本体より送られる持続的な空気の力により気道の開きを維持する療法です。
月1回受診が必要です。

受付~治療の流れ

1受付
2診察(問診・日中の眠気の調査)
3簡易検査(自宅または1泊入院)
4精密検査 ポリソムノグラフィー(PSG検査) (1泊入院)
5診察(診断)
6CPAP療法
7診察(月1回)

費用

保険診療です。下表は医療費3割負担の方の場合です。
簡易検査3,000円程度
精密検査 ポリソムノグラフィー (PSG検査)52,000円程度
[入院費+検査費+個室料21,600円(税込)]
CPAP治療(月1回受診)5,000円程度

SASと診断された方には、SASの重要な対症療法である、CPAP療法(持続陽圧呼吸法)による治療を行います。 毎晩の睡眠時に鼻に装着するマスクを介して装置本体より送られる持続的な空気の力により気道の開きを維持する療法です。月1回受診が必要です。

医療法人社団 嬉泉会
春日部嬉泉病院
〒344-0067 埼玉県春日部市中央1-53-16
TEL.048-736-0111 FAX.048-734-1700
Copyright © KISENKAI, All Rights Reserved.