当院では、透析液の清浄化に積極的に取組んでいます。
患者様にとって”水”は最も大切なものと考えており、
優れた透析液供給システムと、厳密な水質管理を行っております。
コンソール全台とRO装置の生菌検査・エンドトキシン測定を定期的に行っています。
コンソールのエンドトキシン測定値は1EU/L未満、菌体数は0(ゼロ)CFU/mLで良好な結果が得られています。
JMS社製全自動コンソールを69台導入しております。
全自動コンソールは操作が自動化され簡単になり、
ヒューマンエラーが低減し安全性が向上します。
“きれいな透析液でゆとりのある透析治療”を実施しています。
《全自動コンソールの特徴》
自動プライミング
ワンタッチ操作で自動的にプライミングを行います。
操作が均一化され安全にセットできます。
自動脱血機能
患者様の穿刺後はワンタッチ操作で自動的に脱血を行います。
スムーズに透析を開始できます。
急速補液機能
患者様の血圧低下の際はワンタッチ操作で自動的に補液を行い、
迅速な対応ができます。
自動返血機能
透析が終了するとワンタッチ操作で、自動的に返血を開始します。
返血操作を安全に効率的に行います。
当院では、家族性高コレステロール血症(FH)に対して、LDLアフェレシス療法を行っています。
この治療法は、全血液から血漿成分を分離し、病因物質(LDL)を除去します。
家族性コレステロール血症の治療は冠動脈を主体とした動脈硬化の予防を期待する治療です。
透析監視装置
JMS
GC-110N
71台
個人用透析監視装置
JMS
SD-300
4台
逆浸透法精製水製造装置
東レ
TW-HI
2台
多人数用透析液供給装置
東レ
TC-HI
2台
B剤粉末自動溶解装置
東レ
TP-BHI
2台
A剤粉末自動溶解装置
東レ
TP-2
1台
浸透圧計
日機装
OSA-33
1台
血液濾過装置
旭メディカル
ADP-1
1台
マルチフローポンプ
JMS
MF-01
14台
トキシノメータ
WAKO
MT-5500
1台
自家発電機 1機 / 貯水 87t
当院は自家発電を使用し、平常通りの4時間透析を行えるよう備えております。
被災者の方の透析もお受けいたしております。お気軽にご相談ください。
緊急地震速報受信装置(クルグラット)
地震時被害低減のため、地震時には緊急地震速報が院内放送されます。
医療法人社団 嬉泉会 春日部きせん病院 (春日部嬉泉病院)
〒344-0067 埼玉県春日部市中央1-53-16 TEL.048-736-0111(代) FAX.048-734-1700
Copylight Kasukabekisen-Hospital All Rights Reserved