腎不全患者さんのためのシャント専門外来
(血管外科外来)
担当
野澤 幸成 医師
このページは、血管外科外来の、診療案内です。
当院での血管外科手術は、主に透析患者さんに対して、局所麻酔による内シャント造設術を行っております。これは、患者さんご自身の腕の動脈と静脈をつなぎ合わせることによって静脈を太くする手術です。
透析時には太めの針を2ヶ所に刺して、1本から血液を引っ張り透析の機械に導きます。透析の機械で浄化された血液をもう1本の針から体に戻します。したがって、十分な血液量を確保できるくらいの太い静脈が必要となります。ご自身の静脈が細くて手術に使用できない場合は、人工血管を使った手術を行わざるを得ない場合もあります。
また、新たに透析導入となる患者さんに対しては、腎不全による尿毒症症状が出てからの緊急透析となることが極力ないように、透析導入の時期を見越して事前に内シャント造設術を行うように心がけております。
さらに、すでに内シャント造設術を受けられて、血液透析を行っている患者さんは、時にシャント血管が細くなったり詰まったりして、血液透析に支障が出ることがあります。当院で血液透析を受けられている患者さんに対しては、定期的に超音波検査を行い、シャント血管にそのような狭窄および閉塞病変がないか調べております。そのような病変があった場合、その病変が透析に影響する程度に応じて、場合によっては緊急で手術を行うこともあります。また、病変によっては、手術ではなく、風船のついたカテーテルで狭窄部分を広げてあげるカテーテル治療を選択することもあります。カテーテル治療は、一般的に手術よりも治療時間が短くて済み、患者さんの体に負担が少ない治療法です。
当院では、平成26年6月から血管外科医が常勤しており、当院での透析患者さんはもとより、近隣の透析施設で透析を受けられている患者さんのシャントトラブルに対しても、緊急対応で外来手術や入院での治療が可能となっております。
春日部市民をはじめ、近隣住民の皆様にとって今後益々お役に立てますことを、手術室スタッフ一同心より願っております。
診療日・時間
毎週月曜日 9:10〜12:00
※火・水・金・土の診療については地域医療連携科にお電話ください。
  調整して対応致します。

完全予約制
※初診の方は、手続きがございますので、
予約時間の15分前に 2階受付にお越しください。
内容
■PTA ■内シャント手術 ■人工血管手術
外来にて診察およびエコー検査を行い、患者さんに適した方法をとります。
ご紹介を受けた患者さんについては、手術後入院していただき翌日透析を行い、
確実に穿刺が可能であることを確認ののち医療施設にお戻りいただきます。
ご予約電話番号
お電話にてご予約ください。
TEL.048-736-0111 (代)
受付/月〜土曜日 (日・祝日を除く) 9:00〜16:00
※予約に関するお問い合わせも上記時間にて承ります。
(ここに写真1〜2枚。御支給待ちです)
 
 
 
 
腎不全患者さんのためのシャント専門外来
(血管外科外来)
 
医療法人社団 嬉泉会 春日部きせん病院 (春日部嬉泉病院)
〒344-0067 埼玉県春日部市中央1-53-16 TEL.048-736-0111(代) FAX.048-734-1700
Copylight Kasukabekisen-Hospital All Rights Reserved