元気で自立している方の1回4時間週3回の透析時間を何とか有意義に利用できないかと22年間悩んできました。プライベート空間を作り、Wi-Fiを利用した仕事と遊びができる半個室透析を考えました。ただし、透析中の安全を確保しなければならないので、なかなか前例がありませんでした。そこで世界初と思われる、ナースステーションからコンソールの表示灯を一望し、スタッフが常駐するプライベート透析室を提供いたします。医師、看護師、ME、事務の回診を毎回行い管理栄養士が栄養指導をいたします。
具体的には、春日部駅西口徒歩3分で春日部嬉泉病院より徒歩1分の所にある6階建てビルの中に、1階は一般外来とレントゲン、2階から5階は春夏秋冬のイメージに合わせた豪華な透析センター、6階にリハビリセンターを作りました。JMSの最新のon line HDF対応の全自動コンソールとROシステムを全台設置して、水質管理も厳重に行い超きれいな水を利用した透析です。さらに電子カルテと心電図モニターは春日部嬉泉病院と附属クリニックで同時に観察可能にしました。
とても夢のような話ですので患者さんにも条件があります。着替えが必要な場合半個室の中で行なってもらい、ご自身で体重測定を行い、お食事および通院もご自身で行なっていただきます。透析中の血圧が安定しており、心機能が悪くなく、除水量が多くない患者さんを対象にしています。日程変更や心身の異変などあった場合は春日部嬉泉病院での対応を昼夜問わず考えています。最新エコーや64列CTなどの特別な検査は春日部嬉泉病院で行ないます。スタッフおよび患者さん同士で仲良くすることが大切です。春日部嬉泉病院の透析師長の同意書に同意できる方が対象です。当院看護部長のお知らせも見て下さい。
見学等ご希望の方がいらっしゃいましたら春日部嬉泉病院医療連携科までお電話ください。患者さんの内覧会を平成26年11月23日(日)10時〜15時予定しています。
ゆっくりとゆとりある透析ライフを楽しんでください。私の長年のライフワークでした。 切に願っています。皆様ご協力の程よろしくお願いいたします。
医療法人社団嬉泉会 副理事長
春日部嬉泉病院 病院長

丸山 寿晴
医療法人社団 嬉泉会 春日部きせん病院 (春日部嬉泉病院)
〒344-0067 埼玉県春日部市中央1-53-16 TEL.048-736-0111(代) FAX.048-734-1700
Copylight Kasukabekisen-Hospital All Rights Reserved