当院では、給食業務から栄養管理業務までを、 当院スタッフ14名で行っております。
   ○ 管理栄養士 9名  ○ 栄養士 1名  ○ 調理師 3名  ○ 調理補助 5名

おしらせ
管理栄養士の石川香織と嶋田真莉奈が、平成25年9月8日、
「平成25年度東部ブロック 医療講演会」にて講演を行いました。
(テーマ/「みんなでもみじ御膳でわくわくしよう!」)
当院「病態栄養部」が
腎臓に優しいレシピをご紹介します。
レシピ 01
ぶりの照り焼き
様々な患者様(高血圧、糖尿病、腎臓食等)の病態に適した治療食を提供しております。
また、ベットサイドに栄養士が伺い、患者様が美味しく召し上がれるよう対応しております。
お食事は、温冷配膳車を使用しており、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、
適温にて召し上がっていただけるようご提供しております。
行事食等を献立に取り入れて、メニューの充実に心がけております。
病院4階の入院患者様用の食堂もご利用いただけます。
配膳時間は、朝食8:00 昼食12:00 夕食18:00にご提供しております。
(病棟フロアーでの配膳となります。)
▲8月の行事食です。 土用の丑の日に鰻を提供しました。 鰻は大好評でした。
【献立】鰻のちらし丼、ナスの揚げ浸し、一夜漬け
▲1月の行事食です。お正月感を出しました。
【献立】ご飯、煮しめ、伊達巻、紅白蒲鉾、黒豆、子持ち昆布、ナマス、金柑
外来にて透析を受けている患者様で、希望された方には、昼食と夕食のどちらかのお弁当を1食460円(お茶付き)でご提供しております。
外来弁当の栄養成分は
◆エネルギー 750kcal
◆たんぱく質 20g
◆塩分 2g
◆カリウム 600mg以下
◆リン 200mg以下
以上の栄養量に調節し、透析食に準じたお弁当を提供させて頂いております。 透析患者様のご負担の軽減の一助となれば幸いです。
食事による栄養管理を必要とする患者様とそのご家族の方の栄養指導相談を受付けております。
医師の指示により、管理栄養士が食事療法の基本から調理実習までおひとりづつ、きめ細かくアドバイスさせて頂 いております。初めての方でも実行できるカリキュラムをご提供しております。
栄養相談をご希望の方は、担当医師にご相談ください
調理実習は、透析を受けている方を対象に月1回行っております。
透析食の基本を勉強しながら、透析食を美味しく食べ られるお料理をご紹介しております。
調理実習の献立は、季節の食材を利用し、ご自宅でも簡単に調理できるよう工夫しております。
保存期患者様向けの調理実習もおこなっております。
調理実習をご希望の方は、栄養科までご相談ください。
とある3月の調理実習では春を感じさせる花寿司を作りました。
すしめしに食塩を使っていないので、市販の海苔巻きの1/2以下の食塩量になっています。
栄養科長の石川が2008年7月に「腎臓病を考える会」を発足し、CKD(慢性腎不全)予防料理教室を開催しております。
回を重ねるごとにご好評をいただいております。
2014年12月10日(水) 第4回CKD(慢性腎不全)予防料理教室をおこないました。
ご興味のある方は、「病態栄養部からのお知らせ」をクリックしてください。
▲第1回 CKD予防料理教室 講義風景
▲第1回 CKD予防料理教室 実習風景
医療法人社団 嬉泉会 春日部きせん病院 (春日部嬉泉病院)
〒344-0067 埼玉県春日部市中央1-53-16 TEL.048-736-0111(代) FAX.048-734-1700
Copylight Kasukabekisen-Hospital All Rights Reserved